ご挨拶
グローバルな舞台で親しまれ尊敬される企業を目指して
下関三井化学は三井化学グループの中核グループ会社として、燐系事業の製造・販売・研究を主体に「世界で存在感のある燐系専業企業」を将来像として目標に掲げ、グローバルな舞台で親しまれ、尊敬される企業を目指して日々積極的な企業活動を展開しています。
燐酸系製品は成熟製品と言われていましたが、最近ではIT産業、環境事業、燃料電池産業、或いはノンハロゲン難燃剤分野と新たな用途に潜在能力を秘めていることで脚光を浴びています。

今後益々燐系製品の用途拡大が期待される中、私たちは常に技術動向及び市場動向から目を離すことなく、新規用途の創出に全力を注ぎ、燐系事業を広く大きく開拓していきます。
私共は、燐系に特化した活動をする企業の強みを活かし、皆さまのご要望に機動力豊かにお応えし、常にお客様本位の事業を展開していく所存です。迅速かつ的確に製品やサービスをお届けする為に、今後も、たゆまざる挑戦を続けてまいります。

また当社はISO14000、ISO9001の認証を取得し、下記2件の環境事業を通して当社の理念である地球環境との調和、4R(Replace、Reduce、Reuse、Recycle)の追求に邁進してまいります。
  1. 製造工程から発生する(フッ酸、硫酸、燐酸、フッ化カルシウム等スラッジ)処理でお困りの企業から廃棄物を受け入れ、当社の原料或いは製品として再利用を図ることも始めました。
  2. 更に排水中のフッ素を環境基準以下まで減少させる革新的固定化技術の開発に成功し、当社の排水処理設備に設置して実証すると共に、広くこの技術をお使いいただくべくご紹介を開始いたしました。
下関三井化学株式会社
代表取締役社長
サイト内検索 サイト内検索
Copyright (C) 2002 Shimonoseki Mitsui Chemicals, Inc. All Rights Reserved.