沿革
我が国におけるアンモニア、メタノール工業発祥の地である下関三井化学。
培ってきた技術で連綿と道を切り開いてきた、下関三井化学の活動の軌跡を紹介します。
大正13年 アンモニア合成施設・写真
アンモニア合成;日本初のクロード法操業開始。
昭和9年 メタノール合成工場・写真
日本初のメタノール合成工場操業開始。
昭和12年 尿素、ホルマリン、ヘキサメチレンテトラミン工場・写真
尿素、ホルマリン、ヘキサメチレンテトラミン工場操業開始。
昭和30年
木質系接着剤工場(ユーロイド)生産開始。(現在、(株)サンベーク
昭和35年 燐酸、燐安、エタノールアミン工場・写真
アンモニア、硫安、メタノールの生産を停止し、燐酸、燐安、エタノールアミン工場操業開始。
昭和36年
トリポリ燐酸ソーダ工場操業開始。
昭和38年
石膏ボード工場操業開始。(現在、チヨダウーテ(株))
昭和42年
精製燐安工場操業開始。
昭和45年
燐酸ソーダ工場操業開始。
昭和46年
エタノールアミンの生産を中止。
昭和47年 大型燐酸工場・写真
東洋燐酸(株)の大型燐酸工場操業開始。
昭和53年 精製燐酸工場・写真
精製燐酸工場操業開始。
昭和56年 高純度縮合燐酸塩工場・写真
高純度縮合燐酸塩工場操業開始。
紙加工剤(ホープロン) 生産開始。
平成1年 高純度燐酸カルシウム工場操業開始。
平成2年
三フッ化窒素工場操業開始。
平成6年
三井サイテック(株)彦島工場操業開始。(現在、日本サイテックインダストリーズ(株))
平成9年 メチルアミン工場・写真
メチルアミン工場操業開始。
三井東圧化学(株)と三井石油化学(株)が合併し、三井化学(株)となる。
自家発電稼動開始。
平成12年
下関三井化学(株)を設立。
(株)サンベーク設立(木質系接着剤:ユーロイド製造設備)。
平成13年 三フッ化窒素E系工場・写真
三フッ化窒素大型増強完工。
平成14年
WARM事業の上市(廃酸受入れ開始)。
フッ素除去剤[商品名:ノボロック]の実証プラント稼働開始。
平成15年 WARM事業の汚泥回収設備操業開始。
ノボロックの初受注。
平成17年 エナジーメイト(株)との提携によるバイオマスボイラ−操業開始。
平成19年 メチルアミン生産を中止。
日本無機リン化学会技術賞受賞。
サイト内検索 サイト内検索
Copyright (C) 2002 Shimonoseki Mitsui Chemicals, Inc. All Rights Reserved.